読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rakugakibox.net

技術ノート。兼JS/CSS実験場。 ♡:Java, Spring, AWS.

GlassFish4 + JAX-RS (Jersey) で REST なアプリを作ってみる(Java)

Java GlassFish JAX-RS Jersey Maven Programming

前回の

からの続き。
このエントリではRESTっぽくGET/POSTするところまでまとめた。

ここでやること

  • POST /hoges でHogeデータを登録する。
  • GET /hoges でHogeデータのリストを取得する。
  • GET /hoges/{id} でHogeデータを取得する。
  • データストアはJavaのメモリ上に持つ。
    • 本来ならDB保存が殆どだろうけど、本題じゃないので横着。
    • 本来ならスレッドセーフにすべきだけど、本題じゃないので横着。
  • データは XML or JSON で返す。

環境 (前回エントリからの差分)

いくつか新しいバージョンが出てたのでインストールし直した。

  • JDK 7 u67 => JDK 8 u25
  • Maven 3.2.2 => Maven 3.2.3
  • GlassFish 4.0.1 => GlassFish 4.1

依存ライブラリ Jersey core Servlet 3.x 追加

まずは GlassFish のサーブレットベースで動かすのに必要となる、
Jersey のライブラリをクラスパスに追加してあげる。

この内容を pom.xml の依存関係に追加すればOK。
GlassFish には元から Jersey が搭載されてるので、 scopeprovided にする。

<project ..>
  ...
  <dependencies>
    ...
    <dependency>
      <groupId>org.glassfish.jersey.containers</groupId>
      <artifactId>jersey-container-servlet</artifactId>
      <version>2.10.4</version>
      <scope>provided</scope>
    </dependency>
    ...
  </dependencies>
  ...
</project>

依存ライブラリ Lombok 追加

今回のお題とは関係ないのだけど、
後でGetter/Setterを楽に作れるように、Lombokを使えるようにしておく。

この内容を pom.xml の依存関係に追加すればOK。
コンパイル時にだけ動けば良いので、 scopeprovided にする。

<project ..>
  ...
  <dependencies>
    ...
    <dependency>
      <groupId>org.projectlombok</groupId>
      <artifactId>lombok</artifactId>
      <version>1.14.8</version>
      <scope>provided</scope>
    </dependency>
    ...
  </dependencies>
  ...
</project>

Jersey ServletContainer 設定

Jersey を動かす方法には、

  1. サーブレットで動かす方法: web.xml に書く
  2. サーブレットで動かす方法: @ApplicationPath を使う
  3. フィルタで動かす方法: web.xml に書く

があるっぽい。

このうち、ここではフィルタで動かす方法を選んだ。
後々は "Jersey JSP MVC Templates" ってので
レスポンスのレンダリングもやってみたいと考えてるのだけど、
これを使うには ServletFilter を web.xml に登録しないといけない らしいので。

フィルタで動かすには、下記内容を web.xml に追加すればOK。
tryrest.TryRestApplication の部分には、
この後自分の作成するクラスの名前を指定しておく。

<web-app ...>
  ...
  <filter>
    <filter-name>servlet-container</filter-name>
    <filter-class>org.glassfish.jersey.servlet.ServletContainer</filter-class>
    <init-param>
      <param-name>javax.ws.rs.Application</param-name>
      <param-value>tryrest.TryRestApplication</param-value>
    </init-param>
  </filter>
  <filter-mapping>
    <filter-name>servlet-container</filter-name>
    <url-pattern>/*</url-pattern>
  </filter-mapping>
</web-app>

ちなみに、これを書くと src/main/webapp 配下に置いてるJSPは
フィルタで覆われて見れなくなってしまう。
もちろん見れるようにも設定出来るけど、それはまた別でまとめたい。

アプリケーションクラス 作成

javax.ws.rs.core.Application を継承したクラスを作る。
org.glassfish.jersey.server.ResourceConfig (Application 継承) を使うと、
色々メソッドが生えてて便利。

このクラスでは利用するリソースクラス等の登録が責務っぽい。
ここでは ResourceConfig#packages() を使って、
自分のパッケージ配下をスキャン&登録して貰う。

package tryrest;
import org.glassfish.jersey.server.ResourceConfig;

public class TryRestApplication extends ResourceConfig {
    public TryRestApplication() {
        packages(TryRestApplication.class.getPackage().getName());
    }
}

リソースクラス 作成

今回メインとなるリソースクラスを作る。
URLとのマッピングと、実処理を書く。

ポイントはこんなとこ。

  • @Path でURLのマッピングをする。
    • @Path はメソッドにも付けれる。
    • その場合は、クラスとメソッドのパスを連結したURLになる。
    • {hogehoge} でURLパスの一部をパラメータに出来る (=> @PathParam)。
  • @GET, @POST で HTTP メソッドのマッピングをする。
  • パラメータは引数やフィールドで受取れる。
    • URLパスの一部を受取る場合は、 @PathParam を使う。
    • URLクエリ文字列を受取る場合は @QueryParam を使う。
    • フォームの値を受取る場合は @FormParam を使う。
    • Beanクラスにまとめて受取る場合は @BeanParam を使う。
  • 戻り値のデータは、リクエストヘッダに応じたフォーマットで返してくれる。
    • Accept: application/json なら JSON に変換して返してくれる。
    • Accept: application/xml なら XML に変換して返してくれる。
  • @Context を使うと色々なリクエスト/レスポンス情報をインジェクション出来る。
    • 今回は、アプリケーションのURLを取得するのに UriInfo を使ってる。
package tryrest.hoges;
import java.net.URI;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;
import javax.ws.rs.BeanParam;
import javax.ws.rs.GET;
import javax.ws.rs.POST;
import javax.ws.rs.Path;
import javax.ws.rs.PathParam;
import javax.ws.rs.core.Context;
import javax.ws.rs.core.Response;
import javax.ws.rs.core.UriInfo;

@Path("/hoges")
public class HogeResource {

    private static List<HogeData> store = new ArrayList<HogeData>();

    @Context
    private UriInfo uriInfo;

    @POST
    public Response post(@BeanParam HogeData data) {
        store.add(data);
        URI uri = uriInfo.getAbsolutePathBuilder().path("{id}").build(store.size());
        return Response.created(uri).entity(data).build();
    }

    @GET
    public List<HogeData> get() {
        return store;
    }

    @GET
    @Path("/{id}")
    public HogeData get(@PathParam("id") int id) {
        return store.get(id - 1);
    }
}

データクラスはこんな感じ。
単純な Bean に幾つかのアノテーションを与えてる。

  • @Data は Getter/Setter を自動生成してる。
    • Lombok の機能。コードの見通し良くなって Lombok 最高。
    • toString() なんかも自動生成してくれる。
  • @XmlRootElement は XML に変換する場合に必要。
    • JAXB の機能。
    • 他にも色々アノテーションがあって、XMLの形をカスタマイズ出来るっぽい。
  • @FormParam はフォームデータのキーとのマッピング。
    • リストの場合は、同じキーのデータを複数送ればOK。
package tryrest.hoges;
import java.util.List;
import javax.ws.rs.FormParam;
import javax.xml.bind.annotation.XmlRootElement;
import lombok.Data;

@Data
@XmlRootElement
public class HogeData {

    @FormParam("integer")
    private Integer integer;

    @FormParam("string")
    private String string;

    @FormParam("strings")
    private List<String> strings;

}

コンパイル, パッケージ作成, デプロイ

ここまで出来たらコンパイル&デプロイ。

$ mvn compile package glassfish:redeploy

動作確認

まずは POST で適当なデータを登録してみる。
レスポンスはJSONで。

$ curl -i -H "Accept: application/json" \
       -d "integer=1" \
       -d "string=aaa" \
       -d "strings=AAA1" -d "strings=AAA2" -d "strings=AAA3" \
       http://your-host:8080/try-rest/hoges

HTTP/1.1 201 Created
Server: GlassFish Server Open Source Edition  4.1
X-Powered-By: Servlet/3.1 JSP/2.3 (GlassFish Server Open Source Edition  4.1  Java/Oracle Corporation/1.8)
Location: http://your-host:8080/try-rest/hoges/1
Content-Type: application/json
Date: Mon, 27 Oct 2014 13:39:26 GMT
Content-Length: 61

{"integer":1,"string":"aaa","strings":["AAA1","AAA2","AAA3"]}

次はレスポンスをXMLにしてみる。
リクエストヘッダの Accept でコントロール。

$ curl -i -H "Accept: application/xml" \
       -d "integer=2" \
       -d "string=bbb" \
       -d "strings=BBB1" -d "strings=BBB2" -d "strings=BBB3" \
       http://your-host:8080/try-rest/hoges

HTTP/1.1 201 Created
Server: GlassFish Server Open Source Edition  4.1
X-Powered-By: Servlet/3.1 JSP/2.3 (GlassFish Server Open Source Edition  4.1  Java/Oracle Corporation/1.8)
Location: http://your-host:8080/try-rest/hoges/2
Content-Type: application/xml
Date: Mon, 27 Oct 2014 13:40:26 GMT
Content-Length: 185

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?><hogeData><integer>2</integer><string>bbb</string><strings>BBB1</strings><strings>BBB2</strings><strings>BBB3</strings></hogeData>

今度はデータのリストを JSON で GET してみる。

$ curl -i -H "Accept: application/json" \
       http://your-host:8080/try-rest/hoges

HTTP/1.1 200 OK
Server: GlassFish Server Open Source Edition  4.1
X-Powered-By: Servlet/3.1 JSP/2.3 (GlassFish Server Open Source Edition  4.1  Java/Oracle Corporation/1.8)
Content-Type: application/json
Date: Mon, 27 Oct 2014 13:40:56 GMT
Content-Length: 125

[{"integer":1,"string":"aaa","strings":["AAA1","AAA2","AAA3"]},{"integer":2,"string":"bbb","strings":["BBB1","BBB2","BBB3"]}]

単一のデータも GET してみる。id=2 のデータを XML で。

$ curl -i -H "Accept: application/xml" \
       http://your-host:8080/try-rest/hoges/2

HTTP/1.1 200 OK
Server: GlassFish Server Open Source Edition  4.1
X-Powered-By: Servlet/3.1 JSP/2.3 (GlassFish Server Open Source Edition  4.1  Java/Oracle Corporation/1.8)
Content-Type: application/xml
Date: Mon, 27 Oct 2014 13:41:28 GMT
Content-Length: 185

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?><hogeData><integer>2</integer><string>bbb</string><strings>BBB1</strings><strings>BBB2</strings><strings>BBB3</strings></hogeData>

問題なく動いた。
XML/JSON の切換えも出来てる。

Accept ヘッダが面倒な場合は、 URL の拡張子で制御する仕組みもあった。
その辺もまた別でまとめたいなー。

以上!

コード (GitHub)

Release rbox-20141028 - akihyro/try-jaxrs

参考

関連記事