rakugakibox.net

技術ノート。兼JS/CSS実験場。 ♡:Java, Spring, AWS.

Java: Spring Boot で Amazon S3 にアクセスする!

Spring Boot アプリケーションから、
Amazon S3 上のファイルを読み書きしたメモです。

Amazon公式の AWS SDK は直接は使わず、
Spring Framework の Resource インターフェイスを使いました。

環境

  • CentOS 6.6
  • Java 1.8.0 update 51
  • Maven 3.3.3
  • Spring Boot 1.2.5
  • Spring Cloud AWS 1.0.2
  • AWS CLI 1.7.39 (準備&確認用に使用, 本題ではないです)

AWS アクセスキーを定義

ここでは、AWSアクセスキーは環境変数に定義して使いました。
IAMロール (インスタンスプロファイル) でも
出来そうでしたが、未確認です(^^;

export AWS_ACCESS_KEY_ID="..."
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY="..."

ついでにリージョンも環境変数に入れておきます。

export AWS_DEFAULT_REGION="ap-northeast-1"  # Tokyo Region

テスト用のバケットを作成

テスト用のS3バケットを作成しておきます。
ここでは AWS CLI で try-spring-boot-with-s3 というバケットを作成しました。
もちろん AWS Management Console から作っても大丈夫 :)

$ aws s3 mb s3://try-spring-boot-with-s3

依存関係

pom.xmldependenciesspring-cloud-aws-autoconfigure を追加します。

<dependency>
  <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
  <artifactId>spring-cloud-aws-autoconfigure</artifactId>
  <version>1.0.2.RELEASE</version>
</dependency>

Spring Cloud AWS 設定

AWSアクセスキーとリージョンは、環境変数を使うように設定します。
ここでは application.yml に書きました。
.properties にするなり、Java実行パラメータ (-D) で渡すなりはお好みで。

cloud.aws:
  credentials:
    accessKey: ${AWS_ACCESS_KEY_ID}
    secretKey: ${AWS_SECRET_ACCESS_KEY}
  region:
    static: ${AWS_DEFAULT_REGION}

S3上のファイルを読み書きする

RESTコントローラ経由で、S3上の hoge ファイルを
アップロード/ダウンロードしてみます。
PUTでアップロード, GETでダウンロードです。

import java.io.IOException;
import java.io.InputStream;
import java.io.OutputStream;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.core.io.Resource;
import org.springframework.core.io.ResourceLoader;
import org.springframework.core.io.WritableResource;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
@RequestMapping("/hoge")
public class S3RefController {

  @Autowired
  private ResourceLoader resourceLoader;

  @RequestMapping(method = RequestMethod.PUT)
  public void put(InputStream req) throws Exception {
    WritableResource resource = getResource();
    try (OutputStream out = resource.getOutputStream()) {
      copy(req, out);
    }
  }

  @RequestMapping(method = RequestMethod.GET)
  public void get(OutputStream res) throws Exception {
    Resource resource = getResource();
    try (InputStream in = resource.getInputStream()) {
      copy(in, res);
    }
  }

  private WritableResource getResource() {
    return (WritableResource)
      resourceLoader.getResource("s3://try-spring-boot-with-s3/hoge");
  }

  private void copy(InputStream in, OutputStream out) throws IOException {
    byte[] buff = new byte[1024];
    for (int len = in.read(buff); len > 0; len = in.read(buff)) {
      out.write(buff, 0, len);
    }
  }

}

適当なファイルを作成して、
PUTでアップロードを実行してみると。

$ cat <<-EOC >/tmp/hoge
> hoge
> fuga
> piyo
> EOC

$ curl -X PUT "http://localhost:8080/hoge" --data-binary @/tmp/hoge

GETでダウンロードを実行してみると。

$ curl "http://localhost:8080/hoge"
hoge
fuga
piyo

いちお AWS CLI 経由でもアップロード内容を確認すると。

$ aws s3 cp s3://try-spring-boot-with-s3/hoge -
hoge
fuga
piyo

コード

参考

関連記事